Jump to content


- - - - -

POD HD500/500Xのプリセットをコンピューターとの間で保存/ロードする方法

pod hd 500 500x プリセット mac windows customtone

Presetをコンピューターへ保存 (Save) するには:

- エディター・アプリのメイン画面であるPreset PanelまたはSet List View内にあるPresetをダブルクリックして、次にFileメニューから “Save As” を選択します。 Mac® またはWindows® でお馴染みの “Save As” ウィンドウが表示されるので、必要に応じてファイル名と保存先のフォルダを変更してください。初期設定では、全ての.h5eファイルが以下に保存されます:

• Mac® - /Documents/Line 6/Tones/POD HD500 Edit folder

• Windows® - \My Documents\Line 6\Tones\POD HD500 Edit folder

メインの Presets PanelまたはSet Lists ViewIからデスクトップやコンピューター上の他のフォルダへドラッグ&ドロップすることでコピーも可能です。複数のPresetを選択してドラッグすれば、それぞれのコピーを一度に保存できます。

Bundleをコンピューターへ保存するには:

- Fileメニューで “Save Bundle As” を選択すると “Save As” ダイアログが表示されるので、必要に応じてBundleのファイル名と保存先のフォルダを変更してください。初期設定では、全ての.h5bファイルが以下に保存されます:

• Mac® - /Documents/Line 6/Tones/POD HD500 Edit/Bundles folder

• Windows® - \My Documents\Line 6\Tones\POD HD500 Edit\Bundles folder

Save Bundleでは、Set ListsやPresets PanelでどのPresetが選択されているかを問わず、常に全てのSet ListとPresetが含まれます。

Set Listをコンピューターへ保存するには:

- Fileメニューで “Save Set List As” を選択すると “Save As” ダイアログが表示されるので、必要に応じてBundleのファイル名と保存先のフォルダを変更してください。初期設定では、全ての.h5sファイルが以下に保存されます:

• Mac® - /Documents/Line 6/Tones/POD HD500 Edit/Setlists folder

• Windows® - \My Documents\Line 6\Tones\POD HD500 Edit\Setlists folder

Save Set Listでは、 PresetやSet List PanelでどのPresetが選択されているかを問わず、常にSet Listの全64 Presetが含まれます。

PresetやBundle、Set List Fileをコンピューターからオープンする

各ファイルをオープンすると、エディター・アプリケーションへPresetがロードされます。このままではアプリケーションへ“エディット”された状態でロードされるだけで、以下の方法でデバイスへ“send”するまで、POD HD500上のPresetのタイトルやセッティングは上書きされない点にご注意ください。
  • Presetをオープンするには - アプリケーションのFileメニューから“Open”を選択して、Preset (.h5e) ファイルがストアされている場所へブラウズします (初期設定でのPresetフォルダの場所は上記を参照)。Presetファイルを選択すると保存されている設定がロードされ、現在ロードされているPresetとアプリケーション内のチャンネル位置が置き換えられます。
  • Bundleをオープンするには - アプリケーションのFileメニューから“Open Bundle”を選択して、Bundle (.h5b) ファイルがストアされている場所へブラウズします (初期設定でのBundleフォルダの場所は上記を参照)。Bundleファイルを選択すると8つのSet ListとそのPreset全てがロードされ、現在アプリケーション内にロードされている全てのPresetが置き換えられます。
  • Set Listをオープンするには - アプリケーションのFileメニューから“Open Set List”を選択して、Preset (.h5s) ファイルがストアされている場所へブラウズします (初期設定でのSet Listフォルダの場所は上記を参照)。Set Listファイルを選択すると64のPreset全てがロードされ、現在アプリケーション内のSet Listにロードされている全てのPresetが置き換えられます。
  • なお、コンピューター上のフォルダにあるPresetやBundle、Set ListファイルをドラッグしてPOD HD500 Editウィンドウへ直接ドロップすることで、そのファイルの設定をロードできます。(PresetやSet Listをドラッグ&ドロップすると、アプリケーション内にロードされているPresetやSet Listが置き換えられます)
  • 選択しているPresets/Set List/Allから、接続しているPOD HD500デバイスの内部メモリーへ“Send”するにはSave Panelオプションを使用します。このアクションにより、 所有する各デバイスの内部メモリーが恒久的に上書きされます。

  • 0


0 Comments