Jump to content


- - - - -

Line 6 ワイヤレス・モードRF2とRF1について

xd-v75 xd-v55 xd-v35 rf1 rf2 干渉 アップデート

Attached Image: RF Freq Chart.png

Line 6 ワイヤレス・モードRF2とRF1について
新 しいXD-V75、V55、V35の初期設定はRF2モードですが、RF1モードへ切り替えることも可能になっています。従来のLine 6 2.4 GHzワイヤレス (Relayを含む) と同じ会場内で、同時にRF2モードを使うことはできません。もし行なった場合は両方のユニットで問題が起こる可能性がありますので、絶対に行わないよう にしてください。どのモードが使われているかは、XD-V75のレシーバーに搭載されたRFスキャン機能を使ってチェックすることが可能です。
問題を解決するには、従来のモデルを新しいV2.0ファームウェアに書き換えるか (Monkeyを使って書き換えを行うにはXD-V75レシーバーを使う必要があります)、新しいモデル (あるいはV2.0へアップデートされたモデル) をRF1モードにシフトします。
RF1 モードのディバイスを含むセットアップへXD-V75ユニットを追加した場合、そのXD-V75を使って以前のディバイスをアップデートできます。その際 はXD-V75のUSBポートへ、インターネット接続したコンピューターを接続して行います。ファームウェア・アップデートの方法は、XD-V75の製品 ページのリソースタブに用意されているPDFファイルをご覧ください。なお、XD-V75のトランスミッターを以前のLine 6レシーバーで使用する必要がある場合は、そのトランスミッターをRF1に設定することもできます。
注意: V2.0ファームウェアにアップデートされたRelay G30やG50のレシーバーは、対応するG30やG50のトランスミッターで設定されたRFモードに従います。
THH12、TBP12トランスミッターの設定方法 (Relay G50/90を含む):
  • Setupモードに入って現在のチャンネルを表示します。
  • SELECT ボタンを押しながら、THH12のON/MUTEボタン、もしくはTBP12のVALUEボタンを一度押して、離します。新旧どちらのモードで動作してい るかがディスプレイ上に [XD-V75 RF1] または [XD-V75 RF2] の形で表示されます。同じことを繰り返すと別のモードに切り替わります。この設定は電源オフ時にも維持され、電源投入時に [RF1] または [RF2] と表示されます。XD-V75レシーバーでチャンネル・スキャンを行うと、RF1ソフトウェアのトランスミッターとコミュニケーションしている際にはディ スプレイ内のチャンネル番号の上に [To] が表示されます。RF2モードで動作しているユニットの場合は [Tx] が表示されます。複数のユニットを使用している場合は、どちらか一方に全ユニットを統一する必要があります。
XD- V35システムは新しい2周波数 (デュアルフリケンシー) 方式のRF2モードに設定された状態で出荷されています。XD-V35のトランスミッターを前世代のXD-V30レシーバー (RF1モード) で使用する場合には、トランスミッターをRF2モードからRF1モードへ切り替える必要があります。その方法はハンドヘルドとベルトパックで少し異なって います。

THH06、TBP06トランスミッターの設定方法 (G30を含む):

THH06ハンドヘルド・トランスミッター
  • トランスミッターの電源を切ります。
  • チャンネルのSELECTボタンを押したままにします。
  • そのままの状態で、電源のONボタンを押し続けます。
  • チャンネル1の上にある青いLEDが3回点滅して、トランスミッターがRF1モードになったことを示します。
  • RF2モードに戻すには、同じプロセスを繰り返します。モードが変わると、チャンネル2の上にある青いLEDが3回点滅します。
TBP06ベルトパック・トランスミッター
  • トランスミッターがオフの状態で、Channel Selectスライド・スイッチをチャンネル6に設定します。
  • トランスミッターの電源を入れ、最初のLEDの点滅が終わるまで待ちます。
  • Channel Selectスイッチを左端のチャンネル1まで素早くスライドします。
  • Channel Selectスイッチを右端のチャンネル6まで素早くスライドします。
  • 同じことを計3往復分繰り返します (6で電源投入->1->6->1->6->1->6)
  • 青いLEDが1回点滅して、トランスミッターがRF1 (4周波数伝送モード) であることを示します。RF2伝送モードへ戻すには、同じステップを繰り返します。青いLEDが2回点滅します。
注意: トランスミッターのモードを変更した場合、その変更は電源を入れ直すことで記憶されます。一度電源スイッチを切ってから、再度オンにしてください。この作業を行う前に電池を抜いてしまうと、以前のモードに戻ってしまいます。
  • 0


0 Comments