Jump to content


- - - - -

Sonic Port VX/Sonic Portの接続方法

sonic port mobile pod ios ipad iphone ipod

Sonic Port VXの接続方法


1. Sonic Port VXへ接続する前に、使用するiPadやiPhone、iPad touchに最新版のiOSオペレーティング・システムがインストールされていることを必ず確認してください。iOSデバイスのアップデート方法はこちら

2.POD®アンプ&エフェクト・プロセッシングを活用するには、無償提供されるMobile PODアプリが必要です。またMobile PODがSonic Port VXハードウェアのファームウェア・アップデートも提供します。

使用するiPadやiPhone、iPod touchがインターネットへアクセスできるなら、最初にSonic Port VXを接続する前にMobile PODアプリのダウンロードとインストールを行うことをお勧めします。App Storeで“Mobile POD”を検索して、Mobile PODアンプをダウンロードしてください。

3. Sonic Port VXをiOSデバイスで使用する場合は、Sonic Port VXを同梱される14-pin to Lightning端子ケーブルでiPadやiPhone、iPod touchへ接続します。Sonic Port VXの上面には赤いLEDがあり、iOSデバイスから正しく認識されると、数秒後に一度点滅します。Sonic Portを使用中にiOSデバイスの電源供給/充電を行いたい場合は、Sonic Port VXからiOS USBパワーサプライへ、同梱されるUSB-miniケーブルで接続することもできます。Sonic Port VXをWindowsコンピューターで使用する場合は、まずLine 6のソフトウェア・ダウンロード・ページ [こちら] からSonic Port Windows Driverをダウンロードしてください。Sonic Port VXをMAC OS 10.9以降のコンピューターで使用する場合は、ドライバーのインストールは不要です。Sonic Port VXをコンピューターへ接続するには、付属するUSB-A to USB-miniケーブルでコンピューターへ接続します。接続の詳細は、以下の画像をクリックしてください。

Attached Image: 001.jpg

4. 1/4" 出力を持った楽器やその他のオーディオ・ソースをSonic Port VXやSonic Portへ接続します。Sonic Port VXとSonic Portで同時に使用できるのは1種類の入力ソースのみで、最初に接続された方の入力が使用されます:
  • Guitar In (モノ) を使用: スタンダードな1/4" ギター・ケーブルをSonic Portのギター入力へ接続し、反対側をギターへ接続します。
  • AUX INを使用: スタンダードな1/8" ライン・ケーブルをSonic Port VXのAUX入力へ接続し、もう一方をキーボードやドラムマシン、ミキサーや音楽プレイヤーなどソース機器のラインレベル・オーディオ出力へ接続します。
5. Sonic Port VXの独立L/R出力へ1/4" TSケーブル2本を接続して、もう一方をミキサーやスタジオ・モニター、パワードPAスピーカーすることでオーディオをモニターできます。またモノ1/4" TSケーブルをSonic Port VXのL側出力のみに接続した場合、Sonic Port VXはLとRの出力をサミングするためギターアンプやベースアンプなどへモノ出力が可能となります。Sonic Port VXへヘッドフォンやデスクトップ・スピーカーのペアを接続するには、Sonic Port VX上の1/8"ヘッドフォン出力へ1/8"ステレオ・ケーブルを接続しましょう。この接続方法は以下の図をご覧ください:

Attached Image: 002.jpg

5. Sonic Port VXをマイクスタンド、あるいは同梱されているテーブルトップ・スタンドにセットしたい場合は、同梱されているマイク・スタンド・マウントをSonic Port VXの底面にネジ留めします。マイク・スタンド上で使いたい場合は、マイク・スタンド・マウントをマイク・スタンドへ付けるだけです。同梱されているテーブルトップ・スタンドで使いたい場合は、テーブルトップ・スタンド上にマイク・スタンド・マウントをセットし、以下の図のように同梱されている1/4" ネジを使って固定します:

Attached Image: 003.jpg

6. 内蔵マイクでキャプチャーする場合、Sonic Port VXはソースから最低25cmは離して置くことを推奨します。またボーカルをレコーディングする際には、ポップスクリーンの使用をお勧めします。

7. 全ての接続が済んだらiOSアプリまたはコンピューター・アプリを起動すれば、準備は完了です。


Sonic Portの接続方法


1. まず、使用するiPadやiPhone、iPod touchに最新バージョンのiOSオペレーティング・システムがインストールされていることを確認してください。

2. POD® のアンプ&エフェクト・プロセッシングを使用するには無償提供されるMobile PODアプリが必要であり、これによってファームウェア・アップデートも実行できます。(ファームウェアとはSonic Port内にあるマイクロプロセッサーに埋め込まれたソフトウェアのことです。コンピューター向けのソフトウェア同様、ときどきアップデートが必要になります)

使用するiPadやiPhone、iPod touchがインターネットにアクセスできる場合、Sonic Portを接続した際にMobile PODアプリを入手する方法がガイドされますが、現時点でダウンロードすることをお勧めします。App Store上で名前を入力して検索し、「無料」ボタンを押してインストールします。

3. Sonic PortをiPadやiPhone、iPod touchへ接続します。使用するiOSデバイスに合わせて、同梱される14-pin - Lightning端子ケーブル、または14-pin - 30-pinケーブルを使ってください。


Attached Image: 004.jpg

4. Sonic Portへギターやその他のオーディオ・ソースを接続します。 Sonic Portが同時に受けられる入力は1種類のみです。
  • Guitar In (モノ) を使用する: 一般的な1/4" ギター・ケーブルをSonic Portのギター入力端子に接続し、もう一方をギターに挿します。
  • IN L/Rを使用する: 一般的な1/8" (ミニ) ライン・ケーブルをSonic PortのIN L/R入力端子に接続し、もう一方をキーボードやミキサー、音楽プレーヤーなどソース機材のラインレベル・オーディオ出力に挿します。
5. Sonic PortのOUT L/R出力にモノまたはステレオの1/4" ケーブルを接続し、ケーブルの他方をギター・アンプやミキサー、パワード・スピーカーなどの再生デバイスへ接続してオーディオをモニターします。必要に応じて、Sonic Port の1/8" ヘッドフォン出力へヘッドフォンやイヤフォンを接続してください。

Attached Image: 005.jpg
6. GarageBand® やMobile PODなど、使用するアプリを起動します。Sonic Portは、Core Audioを使用するあらゆるアプリのオーディオ入力や出力として機能します。
  • 0


0 Comments